鳥取県
2 /34ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
とっとりけんりつはくぶつかん   ジャンル
鳥取県立博物館   美術・歴史・民俗・科学・産業  
WEB http://www.pref.tottori.lg.jp/museum/  
TEL 0857-26-8044  
FAX 0857-26-8041  
企画展 ☆美術部門コレクション展示「美術家大辞典
 鳥取県立博物館版 近現代編2 さ行・た行の美術家」10/5(土)〜12/8(日)

☆生誕120年「芸術写真の神様 塩谷定好とその時代」11/16(土)〜12/15(日)
    12/2(月)休館
    入館料金:一般800円(前売り・20名以上の団体・大学生・70歳以上600円)
       高校生以下、障がいのある、難病患者の方、要介護者等及びその介護者 無料

 大正末から昭和初期にかけて隆盛した「芸術写真」の第一人者・塩谷定好(しおたに・ていこう 1899年〜1988年)は、赤碕に住み、山陰の風景や人物を独特の美意識でソフト・フォーカスにとらえ、植田正治をはじめ地元のアマチュア写真家を先導した。戦後、地元のカメラクラブで旺盛に作品をつくり続けた。1982年にドイツのケルンで開催された世界最大の写真関連見本市「フォトキナ写真展」での最高賞である栄誉賞を授賞し、再評価の動きが高まる。本展は1920年代の初期作品から戦後1970年代までの作品を一堂に紹介する回顧展。日本写真史における芸術写真を牽引した作家や、塩谷と交流のあった日本光画協会の会員、カメラ雑誌『芸術写真研究』や地元のカメラクラブで同時代に活動していた写真家たちの作品もあわせて展観し、芸術写真の時代とその精神について検証。
  塩谷定好「村の鳥瞰」(1925年)「三人の小坊主」(1929頃)
    「静物(エリカボウシャ)」(1929年)「圓現」(1970年)
    「静物」(1925年)
  山本牧彦「花を持てる少女その1」(1926年)

《ギャラリートーク》午後2〜3時 
  11/16(土)特別ゲスト:塩谷晋氏(塩谷定好写真記念館館長)と担当学芸員
  12/14(土)特別ゲスト:池本喜巳氏(写真家)と担当学芸員

《アートツアー》「塩谷定好の赤碕」を巡るツアー :午後1〜4時
  11/23(土・祝)特別ガイド:池本喜巳氏(写真家)要申込み

《映画上映会》11/30(土)午後2〜3時30分、2階講堂にて、250名先着順、無料 
「パリが愛した写真家ロベール・ドアノー〈永遠の3秒〉 」

《特別講演会》12/7(土)午後2〜3時30分、2階講堂にて、250名先着順、無料 
「塩谷定好とその時代」金子隆一氏(写真史家)




☆美術分野「―静寂なる砂の景― 生誕100年 國領經郎展(仮題)」令和2年1/25(土)〜2/25(火)

☆テーマ展示II「変わりゆく郷土 写真で見るとっとり 1968ー2018」令和2年2/8(土)〜3/8(日) 
所在地680-0011
鳥取市東町2−124 
公共交通 JR鳥取駅からバス 砂丘・湖山・賀露方面行き「西町」下車徒歩5分  
市内回り岩倉、中河原方面行き「わらべ館前」下車徒歩7分
100円バス「くる梨」(青コース)で「仁風閣・県立博物館」下車すぐ 
道路案内 鳥取自動車道鳥取ICから15分、駐車場有り、19台無料 
開館時間 午前9時〜午後5時(4〜10月は7時まで、入館は閉館30分前まで) 
休館日 月曜日、祝日の翌日、年末年始(12/29〜1/3) 
入館料金
(常設時) 
一般180円 高校生以下無料 
展示内容 郷土の生い立ちや動植物の生態を説明した自然資料、郷土の歴史・考古・民俗資料、近世古文書、近世鳥取藩絵師や洋画の前田寛治など、郷土の美術。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
喫茶「セザンヌ」あり。
E-mail:hakubutsukan@pref.tottori.jp 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2018/04/01 0:00:00