和歌山県
5 /30ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
きいふどきのおかしりょうかん   ジャンル
和歌山県立紀伊風土記の丘   歴史 民俗  
WEB http://www.kiifudoki.wakayama-c.ed.jp/  
TEL 073-471-6123  
FAX 073-471-6120  
企画展 ☆秋期特別展「開かれた棺―紀伊の横穴式石室と黄泉の世界」9/28(土)〜12/1(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般360円 大学生220円 高校生、65歳以上、障害者および県内在学の留学生は無料
 一昨年、発掘調査が行われた紀伊最大の前方後円墳・天王塚古墳の、高さ5.9mに及ぶ壮大な「岩橋型横穴式石室」は、石棺や木棺を持たない「開かれた棺」で、「畿内型横穴式石室」とは違う構造を持っていた。「九州型横穴式石室」も含め、県内で見られる多様な石室の差異は、主張や集団の出自、政治動向や交流範囲などを反映する。本展では紀伊の横穴式石室の導入から終焉まで、構造の変化に注目して古墳時代後期の紀伊の集団関係や他界観をひもとく。  
 神人龍虎画像鏡 高井田山古墳
 女良古墳(海南市)天満1号墳(有田川町)上ミ山古墳(すさみ町)出土品
 ガラス玉・魚型歩揺 天皇塚古墳 など

特別展関連シンポジウム:午後1時〜
10/20(日)第1回「紀伊の横穴式石室と古墳時代後期の社会」
 「横穴式石室構築技術の伝播からみた古墳時代社会〜畿内地域を中心として〜」太田宏明氏
 「岩橋型横穴式石室からみた群集墳と首長墓」荻野谷正宏氏
 「『開かれた棺』が示すつながりー横穴式石室から読み解く「火君」と「紀氏」ー」蔵富士寛氏
 「あの世の糧か、この世の祈りかー古墳に残された飲食器と貯蔵具・調理具の意味〜」寺前直人氏
 討論司会:黒石哲夫氏(和歌山県教育庁)

11/17(日)第2回「副葬品から天王塚古墳を考える」
 「発掘された天王塚古墳とその遺物」瀬谷今日子氏
 「玉からみた天王塚古墳と古墳時代の紀伊」大賀克彦氏
 「天王塚古墳出土の金銅製品とその意義」土屋隆史氏
 「紀伊の首長と装飾付須恵器」仲辻慧大氏
 討論

特別展講座:午後1時30分〜3時30分、参加費:資料代100円+入館料
第1回10/5(土)「伊都・那賀の開かれた棺と黄泉の世界観」河内一浩氏(羽曳野市)
     「吉野の横穴式石室ー大和と紀伊のはざまでー」松田度氏(大淀町教育委員会)
第2回11/2(土)「紀伊南部における横穴式石室について」佐藤純一氏(白浜町教育委員会)
     「岩陰に葬られた人々ー田辺湾沿岸の岩陰遺跡についてー」田中元浩氏(和歌山県教育庁)
 電話申込:第1回申込開始   第2回10/18(金)午後1時〜

「ビーズアクセサリーをつくろう」11/24(日)午後1時30分〜3時30分
材料費300円 定員30名先着順、電話申込11/8(金)午後1時〜

学芸員による展示解説:10/6(日)10/19(土)11/16(土)11/30(土)午後1時30分〜2時 
所在地640-8301
和歌山市岩橋1411 
公共交通 JR和歌山駅東口から和歌山バス「紀伊風土記の丘」行き終点下車 
道路案内 阪和自動車道和歌山ICから5分(駐車場80台・無料) 
開館時間 午前9時〜午後4時30分(入館は4時まで) 
休館日 月曜日(祝休日の場合翌日)、年末年始(12/29〜1/3) 
入館料金
(常設時) 
一般170円 大学生80円 高校生以下、65歳以上、障害者手帳等をお持ちの方及び県内在学の留学生・就学生は無料 
展示内容 岩橋千塚からの出土品、重要文化財の商家・漁家の移築復元。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:kofun@kiifudoki.wakayama-c.ed.jp 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2010/01/27 0:00:00