和歌山県
2 /30ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
わかやまけんりつきんだいびじゅつかん   ジャンル
和歌山県立近代美術館   美術  
WEB http://www.momaw.jp/  
TEL 073-436-8690  
FAX 073-436-1337  
企画展 ☆「時代の転換と美術 「大正」とその前後」9/18(水)〜10/20(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般510円 大学生300円 消費税率変更に伴い10/1より:一般520円
         高校生以下、65歳以上の方、障害者、県内に在学中の外国人留学生は無料
        *第4土曜(9/28)は「紀陽文化財団の日」として大学生無料
 和歌山県ゆかりの人物を軸に、大正時代に活躍した作家やグループに関わる連続展覧会。その館蔵コレクションの中から洋画と版画を中心とした作品を、同時期の社会と人に関わるテーマを通して紹介。
 1912年7月から1926年12月までの14年あまりの大正時代の前後は、大逆事件、第一次世界大戦、本格的な政党内閣の成立、関東大震災、普通選挙法と治安維持法の公布、満州事変など、国際的にも国内的にも時代の転換点と言えるような出来事が続いた。美術作品は当時の大きな出来事や、社会的、文化的な流行などが、その表現やテーマに影響を与えることはしばしばあり、作品からは当時の人や社会のあり方、またそれらが変化する様子を読み取ることもできる。元号が改められた本年、美術作品を通しておよそ100年前を振り返り、近代から現代に至る時代のつながりと変化を、改めて見つめ直す。
  高村光太郎《佐藤春夫像》1914年
  田中恭吉《バラの刺》1914年
  岸田劉生《黒き帽子の自画像》1914年
  萬鉄五郎《大東京遠望》1929年
  古賀春江《海水浴》1922年
  佐伯祐三《自画像》1919年頃
  石井伯亭《東京十二景》「柳ばし」1910年 など

フロアレクチャー(学芸員による展示解説)9/22(日)10/6(日)午後2時から 

こども美術館部「かわるがわるかわるとわかる」(小学生対象の作品鑑賞会)
10/5(土)午前11時〜正午
   2日前までに電話(073-436-8690)かメール(bijutsukanbu@gmail.com)で要申込

だれでも美術館部(みんなでお話しをしながら作品を楽しむ鑑賞会)
10/5(土)午後2時から



☆コレクション展2019-秋 特集「みやこの洗練 明治の京都画壇」   「せんぱん 前川千帆の版画」?10/20(日)

☆特別展 日・チェコ交流100周年「ミュシャと日本、日本とオルリク」11/2(土)〜12/15(日) 
所在地640-8137
和歌山市吹上1−4−14 
公共交通 JR和歌山駅、南海和歌山市駅からバスで約10分
「県庁前」下車徒歩2分 
道路案内 国道26号で、市役所・和歌山城を南へ
 駐車場有り90台有料 
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜日(祝休日は開館、翌日休館)12/28〜1/4 
入館料金
(常設時) 
一般310円 大学生210円 高校生以下、65歳以上、障害者の方無料 
展示内容 郷土作家、近現代作品、戦後作品から選んで展示。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2011/07/31 0:00:00