兵庫県
79 /170ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
あしやしりつびじゅつはくぶつかん   ジャンル
芦屋市立美術博物館   美術・歴史  
WEB http://ashiya-museum.jp/  
TEL 0797-38-5432  
FAX 0797-38-5434  
企画展 ☆「植松奎二 みえないものへ、触れる方法-直観」3/13(土)~5/9(日)
   月曜日(5/3は開館、5/6(木)は休館)
   入館料金:一般700円 高大生500円 中学生以下無料
        高齢者(65歳以上)および
        身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方と介護者は半額
        入館無料の日:3月21日(日)

 1969年より現在まで、彫刻、インスタレーション、写真、映像、パフォーマンスなど、多岐にわたる活動により、一貫して重力、引力といった見えない力の法則から世界の構造・存在・関係を表してきた植松奎二(1947-)。知覚を超えてある、みえないもの、隠れている事象へと思考を巡らし自らの力によって道を切り開く方法を見つけることになると考える、、植松の作品と直観で対話し思考を深める。
、この世界を新たに認識する方法を探っていきます。
 植松が1年をかけて館の空間と構造を読み解き、ここでしか生み出せない作品をエントランスホール、各展示室で展示発表し、あわせて70年代の写真作品を展示。植松が一貫して行ってきた重力、張力、引力といった見えない力の法則からあらわにしてきた世界の構造・存在・関係について、時空を超えた思考を巡らせる場をつくる。
「宇宙に触れる」「思考に触れる」「未知なるみえない重力の庭に触れる」「エネルギーに触れる」の4パートでインスタレーション、立体、平面、写真、ドローイング等、約70点


《関連イベント》
(1) アーティストトーク:3/20(土・祝)午後2~4時、展示室他、入館券のみ、定員約50名、申込不要
「みえないものへ、触れる旅」植松奎二氏

(3) 対談:4/11(日)午後2~4時、展示室他、入館券のみ、定員約50名、申込不要
「かつて現代美術があったーみえない言葉ともの」植松奎二氏×光田由里氏(美術評論家)

(4) ツアー:4/25(日) 植松さんと一緒に 野外彫刻ピクニック +展覧会鑑賞 午後1~5時
案内:植松奎二氏、神戸市中央区、西宮市の野外彫刻ほか、芦屋市立美術博物館
参加費:100円(保険代等) *観覧券ならびに移動に係る交通費は別途ご用意ください
定員30名 要事前申込み*4/11(日)締切 *応募者多数の場合は抽選4
〈申込み方法〉
芦屋市立美術博物館へ電話(0797-38-5432)かEメール(ashiya-bihaku@shopro.co.jp)にて、イベント名、氏名、住所、連絡先を伝える

(5)上映会:3/13、3/27、4/10、4/24、5/8(土)午前10時~午後5時
*講義室にて映像作品14点をループ上映 入館券のみ、定員50名(予定) 申込不要 
所在地659-0052
芦屋市伊勢町12-25
公共交通 阪急バス  阪急芦屋川駅南側5番のりば   
JR芦屋駅北側5番のりば    
阪神芦屋駅南側市役所西側から、緑町下車。    
阪神電鉄 芦屋駅から南東へ徒歩15分 
道路案内 駐車場1時間まで無料、以後30分までごとに100円 
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜日(祝休日は開館、翌日休館)展示作業期間、年末年始 
入館料金
(常設時) 
一般300円 高大生200円 小中生無料 
展示内容 「芦屋の歴史と文化財」市内から出土した考古資料・文献資料を中心に、市内遺跡分布模型、会下山景観模型、絵馬、大阪城関連石材。美術常設展示室は小出楢重の展示が中心。 
観覧時間 約1時間 
その他
(販売・友の会等) 
敷地内に「カフェ・ド・ルポ」あり。

E-mail:asbihaku@h7.dion.ne.jp  
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2011/06/30 0:00:00