兵庫県
75 /168ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
すもとしりつあわじぶんかしりょうかん   ジャンル
洲本市立淡路文化史料館   美術 歴史 民俗 文学  
WEB http://www1.sumoto.gr.jp/siryokan/index.html  
TEL 0799-24-3331  
FAX 0799-24-3341  
企画展  
所在地656-0024
洲本市山手1-1-27 
公共交通 JR三ノ宮駅・高速舞子などから高速バス「津名・洲本行き」終点下車 
徒歩約10分 
道路案内 神戸淡路鳴門道「洲本IC」から約15分
駐車場有り30台無料 
開館時間 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで) 
休館日 月曜日 祝日の翌日 (祝日が金・土・日の場合は月曜日に加えて火曜日も休み)
5月8日から12日 年末年始 (12月28日から1月4日まで) 
入館料金
(常設時) 
一般400円 高大生250円 小中生100円 障害者無料 
展示内容 (1) 淡路島の自然・文化財・地場産業などの情報を楽しく概観できるようカラーディスプレイで紹介している「ガイドコーナー」
(2) 国の重要無形民俗文化財の指定を受けている淡路島の代表的な民俗芸能である淡路人形浄瑠璃の人形の頭や、太夫が使う見台・三味線などを復元舞台を中心に展示している「大展示室」
(3) 原始古代から近代までの歴史を出土遺物・金工品・文書・模型・写真パネルなどの資料を通じてご覧いただける「歴史展示室」
(4) 海と漁業にかかわる民具・絵馬、昔の農耕具、庶民の生活用具、全国的にも著名な淡路のやきもの■平焼、洲本出身の文豪・岩野泡鳴の関係資料のほか、島が生んだ芸術家の作品を展示している「民俗展示室」
(5) 幼年期を洲本で育った南画の大家直原玉青画伯から画伯の作品とそのコレクションの寄贈を受けて作られた「直原玉青記念美術館」 
観覧時間 約1時間 
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2007/03/04 0:00:00