兵庫県
62 /170ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
たつうまこうこしりょうかん   ジャンル
辰馬考古資料館   歴史・美術  
WEB http://www.hakutaka.jp/tatsuuma/index.html  
TEL 0798-34-0130  
FAX 0798-34-0130  
企画展 ☆令和3年度春季展「富岡鉄斎展」前期:~4/18(日)
         後期:4/20(火)~5/5(水・祝)
    月曜休館
    入館料金:一般200円、大学生・敬老100円

 明治、大正の日本画壇におい独自の画風を展開した文人画家・富岡鉄斎 (1836~1924) は、辰馬家(北辰馬家)初代悦叟と鉄斎との交遊により1980年に辰馬家より一括寄贈を受け、毎年春に展観を行っている。
 道教の祖とされる老子の逸話と、唐の茶人・陸羽が茶を煮る姿を双幅の掛軸として描いた「老たん度関・陸羽煮茶図、 魔除けの神とされる鍾旭を朱で描くことで疱癒除けとして端午の節旬に飾られた「朱鍾旭図」(後期)、昔話などで知られる一休和尚の逸話が描かれた「一休蓮如問答図」(前期)など、三十代から晩年にかけての力作を見る。

ミュージアムコンサート:4/2(金)午後2時30分~3時30分、入館料のみ
「夙川桜と楽しむ 能の謡と小鼓の響き「西の宮」
   ~復曲能「西の宮」を中心とした春の名曲メドレー~」
  謡: 寺澤幸祐(観世流シテ方)
  小鼓: 久田舜一郎 久田陽春子(大倉流小鼓方) 
所在地662-0962
西宮市松下町2-28
公共交通 阪神香櫨園駅北徒歩2分、JRさくら夙川駅南徒歩7分、阪急夙川駅南徒歩10分 
道路案内 国道2号から夙川沿い 
開館時間 午前10時~午後4時30分(入館は4時まで) 
休館日 月曜日(祝休日は開館、翌日休館) 
ただし、開館は、4~5月の夏季展、6~8月の夏季教室展、
10~11月の秋季展時のみ。 
入館料金
(常設時) 
大人200円 敬老・大学生100円 高校生以下無料 
展示内容 常設展はなし。春季に所蔵の富岡鉄斎の展覧会、夏に館周辺の考古展、秋に館蔵の考古展を開催。 
観覧時間 約30分 
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:tatsu-kouko@syd.odn.ne.jp 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2008/09/06 0:00:00