兵庫県
151 /168ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
しそうしれきししりょうかん   ジャンル
宍粟市歴史資料館   歴史  
WEB http://www.geocities.jp/ebara8855/  
TEL 0790-74-8855  
FAX 0790-74-8080  
企画展  
所在地671-4113
宍粟市一宮町三方町字家原633番地 
公共交通 JR・山陽電鉄姫路駅より神姫バス「山崎」行き乗車(所要1時間・約30分毎に運行)終点山崎で「横山」行きのりかえ「家原遺跡公園」下車(所要40分・約1時間毎に運行) 
道路案内 中国道・山崎ICより国道29号経由、安積橋より県道6号に入り10km北上。
姫路市方面から国道29号を北へ40km、鳥取市方面から国道29号を南へ80kmで安積橋
播但連絡道路・朝来ICより国道429号を一宮町方向に進み約30分 
開館時間 午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜日(祝日は開館、翌日休館)年末年始 
入館料金
(常設時) 
大人300円 子ども150円
 宍粟市内在住の満65歳以上、身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は半額 
展示内容 「古代のいちのみや」から「近代・現代のいちのみや」まで模型・パネル・写真により解説 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
図書コーナー・視聴覚室・研修室あり。
縄文時代から中世にかけての大規模な複合遺跡・家原(えばら)遺跡公園の一施設としてある。 公園内には他に、一宮温泉「まほろばの湯」(火曜定休)、温泉スタンド、竹わら工房(農家の移築復元)、木の工房(旧須行名公民館を移築復元)、土の工房、縄文の村(竪穴式住居)、弥生の村(竪穴式住居)、古墳の村(竪穴式住居・高床式倉庫)、中世の村(鎌倉時代の豪族屋敷や農家など)がある。 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2006/10/28 0:00:00