兵庫県
136 /170ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
ひょうごとうげいびじゅつかん   ジャンル
兵庫陶芸美術館   美術(陶芸)  
WEB http://www.mcart.jp  
TEL 079-597-3961  
FAX 079-597-3967  
企画展 ☆開館15周年記念特別展「No Man’s Land-陶芸の未来、未だ見ぬ地平の先-」~5/30(日)
     月曜休館(5/3(月・祝)は開館し、5/6(木)は休館)
     開館時間:午前10時~午後6時(4/29~5/5は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生以下無料
          70歳以上は半額
          障害のある方は75%割引、介助者1名は無料
          5時以降は半額

 「主のいない、不毛の土地」を表わすと同時に、「複数の異なる領域が重なり合った曖昧な状態」という意味も込められた「No Man’s Land(ノーマンズランド)」には、これからの陶芸を革新していく新しい価値観を見いだすことができる。伝統的な陶芸の素材や技法を駆使しながら、独創的な作風で、工芸のみならず、現代美術、デザイン、建築などの幅広い分野から注目を集める1970~1980年代生まれの15名の作家の作品を通して、「陶芸の未来」を再考する。なお鑑賞者に「陶芸」についての示唆を与えるものであり、必ずしも素材を「陶」に限定するものではない。
   秋永邦洋 《擬態化(龍)》 2019年
   稲崎栄利子 《円座》 2019年 
   木野智史 《颪(螺旋)》 2015年
   金理有 《アルジャーノンの花瓶》 2010年 
   林茂樹 《deva device "GR-D"》 2016年 
   増田敏也 《Low pixel CG「ボーナスポイント(パイナップル)」》 2019年
   山村幸則 《時のかけら》 2020年
   若杉聖子 《恋ひ》 2019年 など

学芸員によるギャラリートーク:4/3(土)4/17(土)5/1(土)5/15(土)午前11時~1時間程度




☆特別展「赤木清士コレクション 古伊万里に魅せられて―江戸から明治へ―」6/12(土)~8/29(日) 
所在地669-2135
丹波篠山市今田町上立杭4
公共交通 JR福知山線相野駅から「清水寺」「兵庫陶芸美術館」「こんだ薬師温泉」行きグリーン神姫バス
「兵庫陶芸美術館」下車すぐ(有効時間帯に4本) 
道路案内 舞鶴若狭道三田西ICより10分、丹南篠山口ICより20分
中国道滝野社ICより国道372号を東へ30分
阪神方面より国道176号を北上し、三田市四ツ辻信号を左折15分
駐車場無料(普通車58台)、大型可(観光バスは団体受付窓口TEL/FAX079-597-3970へ連絡のこと) 
開館時間 午前10時~午後6時(入館は5時30分まで) 
休館日 月曜日(祝日は開館、翌日休館)12/31・1/1 
入館料金
(常設時) 
 
展示内容 古陶磁器と現代世界陶芸との出会いの場とし、館蔵展と企画展を実施。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:togei@pref.hyogo.jp
焼成室、レストランやミュージアムショップ、研修棟、茶室あり。 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2019/11/30 0:00:00