兵庫県
113 /170ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
にしのみやしおかのやまびじゅつかん   ジャンル
西脇市岡之山美術館   分野 :美術  
WEB http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/  
TEL 0795-23-6223  
FAX 0795-23-6223  
企画展 ☆「ART&STAR 星とアート展−星を忘れない。天空のイメージ−」〜12/1(日)
     月曜日(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日
     入館料金:大人310円 高大生210円 小中生110円 障がい者割引あり

 夜空に輝く星の姿は地上とからみあう風景と深く関わり、古来から人々の想像力を刺激した。とりわけ夜空に輝く星座のかたちには、神話、物語、伝説の登場人物、聖獣と聖なるものの形象が投影された。本展は、天空の星を作品のテーマに据えた多彩な作品を一堂に紹介。幸村真佐男による天体の軌跡の写真、国文学者勝俣隆による星の神話をめぐるドローイング、星、天使、妖精たちの世界を描く寺門孝之、デリケートな感覚で月と風景を描く増田妃早子、星空と生活風景との結びつきを取り上げた中山明日香、天体と風景、星と自然とのきずなを深く意識した片山みやびの表現を通じて、星とイメージをめぐる人間の想像力とアートの魅力に迫る。
  片山みやび《残響》2019年
  増田妃早子《プレヤデス(こいぬ座)》2001年
  勝俣隆《天孫降臨神話における天宇受売命像・猿田毘古神像・天の八衝の復元と、相互の位置関係》2019年
  幸村真佐男《(Suntrail)シリーズより》2017年
  寺門孝之《星》1997年
  中山明日香《eruption》2018年 など





☆アートの扉III「池田 慎(いけだ しん)展」12/15(日)〜令和2年3/22(日) 
所在地677-0039
西脇市上比延町345-1 
公共交通 JR加古川線「日本へそ公園駅」下車すぐ
新大阪・三宮から神姫バス(西脇行き)で「西脇(アピカ)」下車、タクシーで約10分 
道路案内 中国自動車道 滝野・社IC から国道175号線を約15分 
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12/29〜1/3)および展示替期間  ※8月の月曜日 
入館料金
(常設時) 
一般310円 高大生210円 小中生110円
 障がい者割引:本人団体割引料金と、付添者1名無料 
展示内容 (祝日の場合は翌日) 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
月の中心は
東経135度のラインと、北緯35度の交点にあたる「日本のへそ公園」に位置し、西脇市出身の美術家横尾忠則の作品を収蔵。 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2017/02/23 0:00:00