大阪府
61 /182ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
おおさかれきしはくぶつかん   ジャンル
大阪歴史博物館   歴史  
WEB http://www.mus-his.city.osaka.jp/  
TEL 06-6946-5728  
FAX 06-6946-2662  
企画展 ☆特集展示「再発見!秀吉の大坂城ー金箔瓦と家紋瓦ー」令和6年3/6(水)~5/6(月・祝)

☆特別企画展「おおさか街あるき―キタ・ミナミ―」~6/3(月)
   火曜休館、4月30日(火)は開館
   入館料金:大人600円 高大生400円
      中学生以下・大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)、
       障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名)は無料 。

 歴史が隣り合い、積み重なることによって生まれた街・大阪を歩いて様々な歴史を繋いでみる。大阪を代表する繁華街であるキタとミナミを取り上げ、街歩きのように具体的なルートを示し、当地にまつわる館蔵資料や関連資料で街の魅力に迫る。街を描いた絵図、歴史を示す古文書、解体時に残された建築部材で“過去”と“今”をつなぐ小旅行に案内。
  阪急百貨店旧大阪うめだ本店の外装タイル 昭和4年(1929)・昭和7年(1932)
  大阪市指定文化財 佐賀藩蔵屋敷絵図 元禄5年(1692)
 「浪華の花櫓」江戸時代(一枚刷り浮世絵)
  大阪市指定文化財 安井家由緒書 寛文10年(1670)
  道頓堀中座の壁片 昭和22年(1947)など

現地で街あるき(学芸員による見学ツアー)各回 午前10時~約3時間(受付:午前9時45分~)
 案内 阿部 文和氏、島崎 未央氏(学芸員)
   【5/12、5/26】のゲストスピーカー:船越 幹央氏(大阪大学総合学術博物館副館長)
 定員 各回 15名(要事前申込)定員に達し次第、受付を終了
 参加費
各回3000円
(A3二つ折りクリアファイルか、常設展示招待券のいずれかをプレゼント!)
イヤホンガイドレンタル料・保険料・資料代含む。現地までの交通費は参加者自己負担。

【キタ編】集合:大阪府立中之島図書館前 解散:JR大阪駅周辺(予定)
 4/26(金)《申込期限》4/25(木)午後11:59まで
 5/12(日)《申込期限》5/11(土)午後11:59まで

【ミナミ編】集合:メトロ「谷町九丁目」駅 2号出口前(交差点北西側)解散:大阪高島屋前(予定)
 5/10(金)《申込期限》5/9(木)午後11:59まで
 5/26(日)《申込期限》5/25(土)午後11:59まで

以上の参加方法
インターネット予約サイト(PassMarket)による事前申込制 〔※先着順〕
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/020hypuiwqv21.html

学芸員による展示解説:5/4(土・祝)5/18(土)午後2時~(約30分)直接会場へ 
所在地540-0008
大阪市中央区大手前4-1-32
公共交通 地下鉄谷町線・中央線谷町四丁目駅9番または2番出口すぐ、
大阪市バス「馬場町」下車すぐ 
道路案内 阪神高速法円坂出口すぐ
阪神高速法円坂出口すぐ 
駐車場有り有料(1時間400円、以後30分ごとに200円) 
開館時間 午前9時30分~午後5時(金曜日は午後8時まで、入館は閉館30分前まで) 
休館日 火曜日(祝日は開館、翌日休館)、12/28~1/4 
入館料金
(常設時) 
(特別展は別途料金、特集展示は常設料金内)
一般600円 高大生400円 中学生以下無料 
市内在住の65歳以上、障害者手帳をお持ちの方無料 
展示内容 奈良時代難波宮大極殿の復元、中世本願寺、近世は水都の景色、近現代では、心斎橋筋や道頓堀の街角を再現。地下には、難波長柄豊碕宮の遺構をそのまま見ることが出来る。 
観覧時間 常設だけで約1時間30分、遺構ツアー、特別展など込みだとさらに。 
その他
(販売・友の会等) 
友の会組織有り(個人3000円 学生2000円 家族会員5000円)NHK大阪放送会館に隣接 
報告者: 明日香光二/馬場
更新日: 2008/08/09 0:00:00