大阪府
44 /180ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
なかのしまこうせつびじゅつかん   ジャンル
中之島香雪美術館   美術  
WEB http://www.kosetsu-museum.or.jp/nakanoshima/  
TEL 06-6210-3766  
FAX 06-6210-4190  
企画展 ☆企画展「上方界隈、絵師済々 I」前期:12/17(火)〜令和2年2/2(日)
                後期:2/4(火)〜3/15(日)
   月曜日(祝日の場合は翌日)12/29(日)〜1/7(火)休館
   入館料金:一般900円 高大生500円 小中生200円
 狩野派、土佐派、文人画派、長崎派、円山派など多士済々の様相を呈していた18世紀の上方の画壇の中でも、円山応挙(1733-1795)の写生画が京都で大流行し、弟子の呉春(1752-1811)と四条派はより親しみやすい画風を打出し、町衆たちに大いに受入れられた。商都・大坂では、独自の画壇が形成され、応挙とも関わった森狙仙(1747-1821)・徹山(1775-1841)の森派などが活躍。 本展では、円山・四条派を中心に上方画壇の展開に注目します。前期(2019年12月17日-2020年2月2日)は、円山派だけでなく他流派も含め京都で活躍した絵師たちを紹介します。
【前期】曾我蕭白筆「鷹図」(明和4年頃1767)
    原在中筆「旭日双鶴図」(天明6年1786)
    円山応挙筆「芭蕉童子図屏風」(明和6年 1769年)
【後期】西山芳園筆「花鳥図」(江戸時代19世紀)
    松村景文筆「箭竹図」(江戸時代19世紀)
    森徹山筆「鹿図」(江戸時代 19世紀)【3/3〜3/15】
    松村景文筆「牡丹小禽図」(江戸時代 19世紀)【2/4〜3/1】  

記念講演会:2/1(土)午後2〜3時30分(1時30分 受付開始)館サイトより応募
「京と浪花を行きつ戻りつ−絵と絵師のはざまで−」安永 拓世 氏(東京文化財研究所 文化財情報資料部 研究員)
 中之島会館(中之島香雪美術館隣)にて、参加料500円(入館券は別)

ギャラリートーク:学芸員による:12/21(土)1/25(土)2/15(土)3/7(土)午後3時30分〜45分程度 
所在地530-0005
大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階 
公共交通 京阪中之島線「渡辺橋」駅下車12番出口直結
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車4番出口直結
地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅下車7番出口より徒歩5分
JR「大阪」駅桜橋口より徒歩11分
JR東西線「北新地」駅下車11-5番出口より徒歩8分 
道路案内  
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜日(祝日は開館、翌日休館)展示替え期間、年末年始 
入館料金
(常設時) 
一般900円 高大生500円 小中生200円 
展示内容 朝日新聞社の創設者・村山龍平(1850〜1933)が収集した仏教美術・書跡・近世絵画・茶道具・武具などの香雪美術館の日本美術コレクションから展示。重要文化財・旧村山家住宅(神戸市)に建つ茅葺屋根の茶室「玄庵」の原寸大復元。旧村山家住宅の90分の1模型、村山が財政支援した美術雑誌『國華』の紹介。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2018/03/25 0:00:00