大阪府
37 /182ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
こくりつこくさいびじゅつかん   ジャンル
国立国際美術館   美術(現代美術中心)  
WEB http://www.nmao.go.jp/  
TEL 06-6447-4680  
FAX 06-6447-4699  
企画展 ☆特別展「古代メキシコ -マヤ、アステカ、テオティワカン」2/6(火)~5/6(月・振)
    月曜休館(祝日は開館)、2/13(火)は休館
    午前10時~午後5時(金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般2100円 大学生1300円 高校生900円 中学生以下無料
         心身に障がいのある方と付添者1名無料
  
 紀元前15世紀から後16世紀のスペイン侵攻まで、3千年以上繁栄したメキシコの古代文明のうち「マヤ」、「アステカ」、「テオティワカン」を中心に紹介します。火山の噴火や地震、干ばつなどの厳しい自然環境の中で、これらの文明では王と王妃の墓、三代ピラミッドなど壮大なモニュメントが築かれた。普遍的な神と自然への祈り、独自の世界観と造形美を通して、奥深さと魅力に迫る。
 世界遺産の魅力を体感できる展示空間パレンケのパカル王と王妃(赤の女王)の墓、アステカの大神殿(テンプロ・マヨールテオティワカンの三大ピラミッドなど古代都市遺跡を、映像や臨場感あふれる再現展示する。

[マヤ文明]
 「赤の女王レイナ・ロハ」墓の出土品
 猿の神とカカオの土器蓋
 トニナ石彫171
 チャクモール像
 球技をする人の土偶

[テオティワカン文明]
 死のディスク石彫
 羽毛の蛇神石彫
 嵐の神の壁画

[アステカ文明]
 鷲の戦士像
 トラロク神の壺
 テスカトリポカ神とウィツィロポチトリ神の笏形飾り
 人の心臓形ペンダント  など 

記念講演会:2/25(日)午後2~3時30分、B1階講堂にて
       先着100人(当日10時からB1階インフォメーションにて整理券配布)
「メキシコ古代文明の創造力:モニュメントとアートの深堀り」 
所在地530-0005
大阪市北区中之島4-2-55
公共交通 地下鉄四ツ橋線肥後橋駅(3番出口)より西へ徒歩約10分 
地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅より西へ徒歩約15分 
JR大阪環状線福島駅、東西線新福島駅(2番出口)阪神電車福島駅より
南へ徒歩約10分
京阪電鉄中之島線 渡辺橋駅より南西へ徒歩約5分
市バス53号系統田蓑橋バス停より南西へ徒歩約3分
   88号系統土佐堀バス停より北へ徒歩約4分 
道路案内  
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜日(祝日は開館、翌日休館)
年末年始(12/28~1/4)展示替え休館(年4~5回、各10日ほど) 
入館料金
(常設時) 
一般420円 大学生130円 高校生及び18歳未満、65歳以上無料  
心身に障害のある方及びと付添者1名は無料 
展示内容 20世紀初頭から戦後のアメリカ、ヨーロッパ、日本の現代美術をコレクション展として展示。高松次郎の影の作品やジョアン・ミロの障壁画は常設。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
ミュージアムショップ、喫茶店あり 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2009/01/25 0:00:00