大阪府
23 /182ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
おおさかしりつしぜんしはくぶつかん   ジャンル
大阪市立自然史博物館   科学・産業  
WEB http://www.mus-nh.city.osaka.jp/  
TEL 06-6697-6221  
FAX 06-6697-6225  
企画展 ☆特別展「自然史のイラストレーション」~5/26(日)
    月曜休館(5/6は開館)5/7(火)休館
    入館料金:大人500円 高大生300円
        本館(常設展)とのセット券:大人700円 高大生400円
         中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)
         大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。
 スマートフォンのカメラを誰でも常に持ち歩ける時代、日常で観察した生き物を撮影して、インターネット上に投稿する人も多い。一方で生き物や自然史をより深く理解し、楽しむためにはイラストレーションの力も大きく、描き手によって必要な情報が取捨選択されることで、写真とは違った情報を私たちにもたらしてくれる。
 本展では、古い文献、論文や図鑑、普及のための資料など、様々な媒体に描かれたイラストレーションを通して、作品の魅力と描画の楽しさを紹介。ペリーの航海記に描かれた日本の生き物の図、化石で新種記載された松ぼっくりの原画、潮の満ち引きに関する絵本の原画、大阪市立自然史博物館友の会会員の詳細な観察スケッチなど、誰もが写真を気軽に撮れる今の時代にこそ、絵や図の面白さ。
  東西の古い椿の図譜
  ペリーの航海記に描かれた生き物たち
  シモツケコウホネの新種記載の図の下書き
  化石で新種記載されたオオミツバマツ
  ウミウシ研究者のスケッチ
 『原色日本真菌類図鑑』のキノコの図の原画
  山田壽雄の植物図:オモダカ(オモダカ科)
  天木茂晴の挿絵:秋の草はらと冬の草はら
  天木茂晴の挿絵:早春の野辺の植物
  絵本「みちてはひいて」 (ちいさなかがくのとも 2023年2月号))など 
所在地546-0034
大阪市東住吉区長居公園1-23(長居植物園内)
公共交通 地下鉄御堂筋線「長居」駅3出口東へ800m、

JR阪和線「長居」駅東へ約1km
近鉄南大阪線「矢田」駅下車徒歩15分  
大阪市バス4号系統、66号系統「長居東」停留所  
道路案内 長居公園内の南駐車場(土日祝)、地下駐車場(有料)利用 
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで) 
夏休み期間中は午後6時まで(入場は午後5時30分まで)
11~2月は午後4時30分まで(入場は午後4時まで) 
休館日 月曜(祝休日は開館、翌日休館)年末年始、毎月末(土日は開館) 
入館料金
(常設時) 
大人300円 高大生200円 
中学生以下、市内居住65歳以上、障害者無料 
展示内容 人と自然との関わりをテーマに、化石類、現在の動植物の標本類など。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
友の会組織あり。長居植物園内にあるので、植物園案内なども行われる。
夏休み末の標本同定会は有名。 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2008/05/11 0:00:00