京都府
37 /159ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
せんおくはくこかん   ジャンル
泉屋博古館   美術 歴史  
WEB http://www.sen-oku.or.jp  
TEL 075-771-6411  
FAX 075-771-6099  
企画展 ☆「鋳物モダン・花を彩る銅のうつわ」~5/16(日)
    月曜休館(祝日は開館、4/23(金)5/6(木)は休館)
    入館料金:一般800円 高大生600円 中学生以下無料
 金属工芸は東アジア三千年の歴史に育まれ、中国・宋時代以後には古代青銅器を模倣した銅花器が文人の書斎を飾る道具として珍重され、日本には室町時代以後多くもたらされ、江戸時代にはそれらを模倣した銅花器が発達して近代に受け継がれた。本展では富山大学芸術文化学部所蔵の大郷コレクションを中心として日本近代銅花器の造形を紹介。さらに近代蝋型鋳造発展に貢献した須賀松園工房に焦点をあてて代表作とともに紹介。
   藤林峯親《獅子麒麟文金銀象嵌花瓶》明治10(1877)年
   増山永観《富士巻狩・武者文耳付薄端》明治時代前期
   《龍流足芙蓉薄端》
   《千筋蝶象嵌入り寸筒》銘五郎三造
   《蟹文魚籠形花器》
   《甲虫貼付瓢形花器》銘凌雲 など

連続講演:講堂にて、午後2~3時30分、定員40名、要予約(075-771-6411)
4/3(土)「日本に銅花器がやってきた-先人たちの銅と花がある暮らし」竹嶋康平氏(学芸員)
4/10(土)「いけばなと近代青銅花器-大郷コレクションの寸銅・薄端・水盤-」
             三宮千佳氏(富山大学学術研究部芸術文化学系准教授)
4/17(土)「人類が極めた蠟型鋳造法-ロウと炎と青銅の技」
             三船温尚氏(前富山大学学術研究部芸術文化学系教授)

アートサロン:講堂にて、4/24(土)午後2~4時、定員40名、要予約(075-771-6411)4/1予約開始
「銅花器をめぐる東アジア三千年の伝統」
 パネリスト:三船温尚氏、三宮千佳氏、廣川守氏 コーディネイター:竹嶋康平氏

ワークショップ:4/25(日)午後1~4時、定員14名、要予約(075-771-6411)4/1予約開始
             会場は講堂、場合により敷地内屋外(雨天・荒天の場合は鋳型つくりまで)
「ロウで作品を作ろう-鋳型つくりから鋳造まで(仮題)」小学4年生以上対象、参加費1000円
     三船温尚氏(前富山大学学術研究部芸術文化学系教授) 
所在地606-8431
京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
公共交通 京都駅、四条河原町、三条京阪から市バス5番などで東天王町下車、
地下鉄丸太町駅から93、204番で東天王町下車東へ200m角
32,100番で宮ノ前町 下車すぐ 
道路案内 車30台駐車可 
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜日(祝日は開館)、7~8・12~2月 
入館料金
(常設時) 
一般730円 高大生520円 小中生310円 
展示内容 青銅器館にて、住友家収集の、殷周時代中心の青銅器、東アジア全般の鏡鑑を展示。
中国の書画、日本のやまと絵、茶道具・香道具・文房具などをテーマをもって企画展示 
観覧時間 2時間ほど 
その他
(販売・友の会等) 
3~6月、9~11月のみの開館だが、20名以上の団体の予約が有れば
観覧も可。E-mail:info@sen-oku.or.jp 
報告者: 明日香光二/馬場
更新日: 2015/07/01 0:00:00