京都府
22 /156ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
きょうとこくりつきんだいびじゅつかん   ジャンル
京都国立近代美術館   美術  
WEB http://www.momak.go.jp/  
TEL 075-761-4111  
FAX 075-771-5792  
企画展 ☆「ドレス・コード?―着る人たちのゲーム」8/9(金)〜10/14(月・祝)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は9時まで開館、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1300円 大学生900円 高校生500円 中学生以下は無料
        心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)
 ファッションは「着る」だけでなく、「視る/視られる」もので、社会やグループで通用する「ドレス・コード」として、自己と他者のコミュニケーションの方法となった。インターネットとSNSの普及によって、誰もが自らの日常の装いの実践を自由に発信できるようになった現在、私たちとファッションのかかわり方もまた新しい局面を迎える。本展では、ファッションやアートのほか、映画やマンガなどに描かれたファッションも視野に入れ、現代社会における〈ドレス・コード〉をめぐる、わたしたちの装いの実践=ゲームについて見つめ直す。
  MOSCHINO(ジェレミー・スコット)ドレス 2017年春夏  
  KOCHÉ(クリステル・コーシェ)ドレス 2018年春夏
  FENDI(カール・ラガーフェルド)2018年
  Jean Paul GAULTIER (ジャン=ポール・ゴルチエ)迷彩柄の浴衣 2000年  
  beautiful people(熊切秀典) 2017年秋冬
  CHANEL(ガブリエル・シャネル)スーツ 1928年頃
  YVES SAINT LAURENT(イヴ・サンローラン) ドレス「モンドリアン」1965年秋冬
  Vetements(デムナ・ヴァザリア)「MISS N°5」 2017年秋冬 など

連続アーティスト・トーク
8/9(金)午後3時〜 企画展示室にて先着50名(当日午後2時から聴講用ワイヤレス受信機を貸出し)入館券のみ
 アーティスト:青山悟氏、元田敬三氏、ハンス・エイケルブーム氏、都築響一氏

ギャラリートーク
 8/10(土)石関亮氏(京都服飾文化研究財団チーフ・キュレーター)
 8/30(金)牧口千夏氏(主任研究員)
 9/14(土)小形道正氏(京都服飾文化研究財団アシスタント・キュレーター)
午後6時30分〜 企画展示室にて 先着20名(当日午後5時より1階受付にて整理券配布)入館券のみ


シンポジウム「ドレス・コード?―それぞれのファッション学の視点から」
8/31(土)午後1時30分〜4時30分終了予定(1時開場)
 内村理奈氏(日本女子大学家政学部 准教授)
 平芳裕子氏(神戸大学大学院人間発達環境学研究科 准教授)
 井上雅人氏(武庫川女子大学生活環境学部 准教授)
 小形道正氏(京都服飾文化研究財団 アシスタント・キュレーター)
1階講堂にて、先着80名(当日午前11時より1階受付にて整理券配布)入館料のみ

ICOM京都大会関連/コスチューム部会によるセッション
9/3(火)午後1時30分〜6時 1階講堂にて、残席があれば聴講可能

ワークショップ「2050年のドレス・コードを考えよう!」
9/8(日)午後0時10分〜4時30分 (午前11時40分開場)(展覧会見学付き、途中休憩)
1階講堂、企画展示室にて
ファシリテーター:水野 大二郎氏(芸術博士(ファッションデザイン)
         京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab特任教授)
 講師:石関 亮(京都服飾文化研究財団 キュレーター)
 定員50名(事前申込制)参加費1,620円(税込、当日の展覧会観覧券含む)
 申込み、詳細はワコールスタディホール京都ホームページより

手話とアート「それってどんな服?〜sign language dress up〜」
9/16(月・祝)午後1時30分〜4時 1階講堂にて 定員20名(抽選)締切8/20(火)申込は館サイトより

子どものワークショップ 着せかえ紙人形を使って19世紀のファッション・デザイナーになろう!
9/21(土)9/28(土) 午後1〜4時 開催時間中はいつでも、ただし各日、先着50名で終了
1階ロビーにて、無料、事前申込不要 対象:3歳以上(未就学児は保護者同伴)


スタイリスト高山エリ氏トークイベント
「楽しくなければ、ファッションじゃない!〜現代のドレス・コードを語る〜」
10/12(土)午後2時〜(1時間程度)
 高山エリ氏(スタイリスト)、筒井直子氏(京都服飾文化研究財団キュレーター)
1階講堂にて、先着70席(午後1時30分開場)入館料のみ

映画上映[NFAJ 所蔵作品選集]
MoMAK Films 2019:学園のドレス・コード
8/24(土)25(日) 各日午後2時〜 1階講堂にて
料金:1プログラム520円、先着100席






☆「円山応挙から近代京都画壇へ 百花繚乱!円山・四条派の世界」11/2(土)〜12/15(日) 
所在地606-8344
京都市左京区岡崎円勝寺町  
公共交通 JR京都駅、四条烏丸、四条河原町、三条京阪から市バス5系統岩倉行き

 他系統で「京都会館美術館前」または「東山二条」下車 

JR京都駅から市バス100番(急行)で「京都会館美術館前」下車
地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩10分 
道路案内 有料入館者には岡崎公園駐車場(地下)の割引あり。
駐車券を博物館へ提示のこと。 
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
4月上旬〜10月上旬の金曜は午後8時まで
(例外有り、要問合:入館は7時30分まで) 
休館日 月曜日(祝休日は開館、翌日休館)12/27〜1/5 
入館料金
(常設時) 
一般420円 大学生130円 高校生及び18歳未満無料 
展示内容 日本画・洋画・工芸・版画・彫刻・写真・書・素描・西洋美術にわたる近代美術。日本画では土田麦僊「大原女」、洋画では安井曾太郎「婦人像」、西洋美術ではモンドリアン「ピエト」などが代表作 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
ショップ、喫茶コーナー有り。
E-mail:info@momak.go.jp  
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2015/09/28 0:00:00