京都府
2 /158ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
きょうとふりつどうもといんしょうびじゅつかん   ジャンル
京都府立堂本印象美術館   美術(日本画)  
WEB http://insho-domoto.com/  
TEL 075-463-0007  
FAX 075-465-3099  
企画展 ☆「DOMOTO INSHO −驚異のクリエイションパワー―
  〈特別出品〉高知・竹林寺の襖絵」前期:11/30(土)〜令和2年2/2(日)
                  後期:令和2年2/4(火)〜3/29(日)
  月曜休館(祝日の場合は翌日)年末年始(12/28(土)〜1/4(土))休館
  入館料金:一般510円 高大生400円 小中生200円
      65歳以上の方(要証明)と障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

 1919年に第一回帝展で初入選して以来、約60年にわたる画業において、常に日本画の限界を超えた最前線の表現に挑戦し続けた画家・堂本印象(1891−1975)。印象は多様なモチーフを描いたが、特に1950年代半ばからは日本画家による抽象画という前衛的な表現で鮮やかな足跡を残した。本展では、1963年に描かれた高知・竹林寺の完全な抽象表現で彩られた襖絵を当館にて約14年ぶりに特別公開。あわせて、館蔵コレクションのなかから印象の画技が冴えわたる代表的な作品を紹介。
    《瀬戸内海》(全6面)1963年 高知・竹林寺蔵(前期展示)
    《観音と文殊》1945年
    《細川ガラシャ夫人》(大阪玉造教会下絵)1962年
    《猫》1922年
    《雪》1930年
    《老松双雀》1940年
    《坂》1924年
    《パリ街はずれの家B》1952年
    《ボア・ド・ブローニュのカフェ》(『美の跫音』挿絵原画)1952年
    《八時間》1951年 など

☆「渋箱の隅展(じゅうばこのすみてん)」<立命館大学・堂本印象美術館連携>
   〜11/22(日)(予定)美術館庭園にて【入場無料】

☆第2回「野外いけばな展」令和2年2/22(土)〜2/24(月)美術館庭園にて【入場無料】

ギャラリートーク:学芸員による:12/14(土)2/9(日)3/1(日)午後2時〜30分程度

講演会:旧堂本印象邸(美術館東隣)にて、午後2〜3時、先着30名(午後1時よりロビーにて整理券配布)入館券のみ
1/26(日)「感じるこころー印象作品の心象と造形をめぐって」中尾泰斗氏(福岡女学院大学講師)
3/8(日)「竹林寺障壁画の史的位置―具象と抽象の狭間に―」
          並木誠士氏(京都工芸繊維大学大学院教授・美術工芸資料館館長) 
所在地603-8355
京都市北区平野上柳町26−3 
公共交通 JR京都駅から市バス50系統、立命館大学前下車。 
三条京阪から市バス12・15・59系統、立命館大学前下車。 
四条河原町から市バス12系統、立命館大学前下車。  
四条大宮から市バス55系統、立命館大学前下車。
JR円町駅から市バス15系統 立命館大学前下車
京福電鉄北野線 等持院駅下車徒歩15分 
道路案内 駐車場有り6台無料 
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜日(祝休日は開館)、展示替え期間 
入館料金
(常設時) 
一般500円 高大生400円 小中生200円
 65歳以上、身体障害者手帳・精神障害者福祉手帳または
 療育手帳を所持する方は無料 
展示内容 日本画から抽象画に到るまでの印象作品。
美術館自体も外装・内装全て堂本印象自身のデザイン。 
観覧時間 約40分 
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:domoto@siren.ocn.ne.jp
絵はがきなどの販売は豊富 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2019/01/26 0:00:00