静岡県
44 /96ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
さのびじゅつかん   ジャンル
佐野美術館   美術(日本・東洋美術)  
WEB http://www.sanobi.or.jp  
TEL 055-975-7278  
FAX 055-973-1790  
企画展 ☆「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋 〜行商編〜」7/6(土)〜9/1(日)
木曜休館(8/1は創立者・佐野隆一翁生誕日、8/15は三嶋大祭り期間のため開館)
   入館料金:一般・大学生1000円 小中高生500円
         8/1(木)は入館無料(創立者・佐野隆一翁生誕日)
         毎週土曜は小中学生無料
         8/21(水)は1割引(県民の日)
 透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという斬新な手法で注目を集める若手の現代美術家・深堀隆介(ふかほりりゅうすけ)。
 愛知県立芸術大学、絵画と立体を並行して様々な作品を制作したが、水槽で生き続ける金魚の存在に救われ、表現を追究してきた。
 器の中に樹脂を流し込み、その表面にアクリル絵具で金魚を部分的に描き、さらにその上から樹脂を流し込み重ねて描く。絵が重なり合い、描かれた金魚が立体感を迫る。平面である絵画作品と立体作品の境界の革命的絵画−2.5D Painting−と言える。初期の立体作品から最新作インスタレーション《平成しんちう屋》を含む代表作約200点により、深堀隆介の創作世界を紹介。
  金魚酒 命名 伽琳
  方舟
  金魚之間





☆光ミュージアム所蔵「美を競う 肉筆浮世絵の世界」9/7(土)〜10/27(日)

☆「ヒグチユウコ展 CIRCUS」11/9(土)〜12/22(日)

☆「名刀への道」2020年1/7(火)〜2/16(日)

☆「人形の美 語りかけるひとがた
   ―彫刻家 前島秀章・久代夫妻寄贈の人形コレクション」2020年2/22(土)〜4/5(日) 
所在地411-0838
三島市中田町1-43 
公共交通 JR三島駅(南口)より南へ徒歩15分 
JR三島駅より東海バス4番乗り場、新城橋行き又は大平行き
  1番乗り場、三島循環バス「せせらぎ号」で、「佐野美術館」下車  
伊豆箱根鉄道「三島田町駅」下車、徒歩5分 
道路案内 東名沼津ICより伊豆箱根方面へ8km、裾野ICより南へ13km
駐車場有り、混雑時には市営駐車場(有料)もあり。 
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は閉館30分前まで) 
休館日 木曜日(祝日は開館、翌日休館)展示替え期間、12/19〜1/4 
入館料金
(常設時) 
大人500円 高大生300円 小中生200円 
展示内容 日本・東洋古美術。日本刀では、国宝薙刀(銘備前国長船住人長光造:鎌倉時代)、陶磁器では、唐時代の三彩龍耳壺、仏像では重文・大日如来坐像(平安後期)、日本画では、重要美術品・伝海北友松筆・網干図など。その他、古鏡・古写経・日本画・能面・装身具など。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:info@sanobi.or.jp  
ミューズクラブあり。日本庭園「隆泉苑」付属(会席料理あり)、
食事処・喫茶「瀬里」、ミュージアムショップあり。 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2012/08/30 0:00:00