静岡県
29 /96ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
はままつしりつうちやままたつしりょうかん   ジャンル
浜松市立内山真龍資料館   歴史 民俗  
WEB http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/enjoy/culture_art/utiyama-matatu/index.htm  
TEL 0539-25-4832  
FAX 0539-25-4835  
企画展  
所在地431-3305
浜松市天竜区大谷568 
公共交通 遠州鉄道「西鹿島駅」から遠州鉄道バス「二俣山東」行きで『天竜総合事務所』下車 徒歩10分 
道路案内 東名高速「浜松・浜松西・袋井」各ICより車で40分 
開館時間 9時から17時まで 
休館日 月曜・火曜・国民の祝日 年末年始 (12月29日から1月3日まで) 
入館料金
(常設時) 
無料 
展示内容 内山真龍 (またつ) は遠江国豊田郡大谷村(現在の浜松市大谷)に生まれました。
真龍は病身の父親に代わり、21歳から大谷村の名主を勤めました。学問が好きだった真龍は、忙しい仕事のかたわら賀茂真淵 (かものまぶち) に入門するとともに浜松の渡辺蒙庵 (わたなべもうあん) 、本居宣長 (もとおりのりなが) の弟子の田中道麿 (たなかみちまろ) にも学びました。
真龍は本を読んで研究するだけでなく、実際に現地調査を行い多くの本を書いています。真龍の82歳の生涯は、名主として大谷村の発展に尽くすとともに国学の研究・弟子の育成につとめました。こうした真龍の業績を紹介するため平成8年11月、真龍が生まれた浜松市大谷の地に内山真龍資料館を開館しました。資料館では、真龍に関する書物・絵画、真龍の師弟に関するものなどを展示・公開しています。 
観覧時間 約30分 
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: ネタ切れ男 / 沢谷 浩幸
更新日: 2007/01/15 0:00:00