静岡県
22 /96ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
きのしたけいすけきねんかん   ジャンル
木下恵介記念館   歴史  
WEB http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/enjoy/culture_art/keisuke/index.html  
TEL 053-458-2165  
FAX 053-458-2175  
企画展  
所在地430-0927
浜松市中区旭町12-3 フォルテビル4階 
公共交通 東海道新幹線・東海道線「浜松駅」北口から徒歩1分 
道路案内  
開館時間 10時から18時まで 
休館日 年末年始 (12月29日から1月3日まで) 展示替え期間 (6月・12月下旬の予定) 
入館料金
(常設時) 
記念館単独券 100円 文学館共通券 300円 (共に一般料金)
高校生以下、70歳以上、障害者 無料 
展示内容 我が国を代表する映画監督として、また日本映画の黄金時代を築いた映画監督の一人として知られる木下恵介は大正元年(1912年)に浜松市に生まれました。
昭和8年(1933年)松竹キネマ蒲田撮影所に入社、昭和18年(1943年)の監督第1作「花咲く港」でデビュー後、「カルメン故郷に帰る(昭和26年)」、「二十四の瞳(昭和29年)」、「野菊の如き君なりき(昭和30年)」、「喜びも悲しみも幾歳月(昭和32年)」、「楢山節考(昭和33年)」と戦後は毎年のように、世評の高い作品を発表し続けた。
その監督作品は未完に終わった「戦場の固き約束」と合わせ50作品に及び、その総ての作品が高い評価を得ています。木下監督は平成10年(1998年)に多くの方々に惜しまれつつ亡くなられました。故郷・浜松を愛した監督は生前、浜松文芸館の名誉館長を務めるなど、浜松に残された功績も多く、また、存命中はもとより遺族からも寄贈を受けた監督ゆかりの資料を多くの方々に紹介するとともにその功績を称え、合わせて浜松の映画文化高揚の拠点となるよう、2001年7月1日開館しました。 
観覧時間 約30分 
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: ネタ切れ男 / 沢谷 浩幸
更新日: 2008/02/25 0:00:00