長野県
101 /221ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
とがりいしじょうもんこうこかん   ジャンル
尖石縄文考古館   歴史(縄文時代)  
WEB http://www.city.chino.lg.jp/www/toppage/1444796190237/APM03000.html  
TEL 0266-76-2270  
FAX 0266-76-2700  
企画展  
所在地391-0213
茅野市豊平4734-132 
公共交通 JR中央線茅野駅下車、バス20分。「尖石縄文考古館前」下車 
道路案内 中央自動車道諏訪ICより車で30分。 
開館時間 午前9時〜午後4時30分 
休館日 毎週月曜日(休日の場合を除く) 年末年始(12/29から1/3) 
休日の翌日(この日が休日、土・日曜日の場合を除く) 
入館料金
(常設時) 
   大人  高校生 小中学生
個人 500円  300円  200円
団体 400円  200円  150円
(団体は20名以上) 
展示内容 展示室A:長年尖石遺跡の発掘に尽力された宮坂英弌氏の業績と尖石遺跡発掘の歴史を紹介
展示室B:国宝「土偶」(縄文のビーナス)を中心として、市内や全国の著名な土偶を対比展示。美術館の雰囲気で縄文の芸術を味わうことができる。
展示室C:「八ケ岳山麓に花ひらいた縄文文化」をテーマに、市内の遺跡から出土した膨大な量の遺物や遺構の様子を展示する。
展示室D:出土した遺物から推論出来ることや、縄文人の暮しについての考え方を展示する。
体験コーナー:展示物を見た後、「試してみたい」「作ってみたい」の意識が生まれる。それを実現するために、土器作り・火おこし・古代織物など体験できるコーナー。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
E-mail togariishi.m@city.chino.lg.jp 
報告者: Quita /北村 尚巳(VEF00424)
更新日: 2016/02/27 0:00:00