石川県
36 /98ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
こくりつこうげいかん   ジャンル
国立工芸館   美術  
WEB https://www.momat.go.jp/cg/  
TEL 050-5541-8600  
FAX  
企画展 ☆企画展 第38回国民文化祭/第23回全国障害者芸術・文化祭 いしかわ百万石文化祭2023
「皇居三の丸尚蔵館収蔵品展 皇室と石川―麗しき美の煌めき―」前期:~11/5(日)
                        後期:11/7(火)~11/26(日) 
   11/6(月)休館  [第1会場]石川県立美術館 [第2会場]国立工芸館
   開館時間:午前9時30分~午後6時(10/28(土)11/3(金・祝)4(土)11(土)18(土)23(木・祝)24(金)25(土)は8時まで、
          入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1500円(1200円) 大学生1000円(800円)<2館共通券>
      ( )内は20名以上の団体料金・割引料金
    高校生以下、18歳未満、障害者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料
  65歳以上1200円
   文化の日(11/3)は団体料金・割引料金
 
 石川県立美術館と国立工芸館は今秋、国民文化祭の開催に合わせ、皇室ゆかりの美術工芸品などを収蔵・展示する宮内庁三の丸尚蔵館(10/1より「皇居三の丸尚蔵館」に改称)の収蔵品による展覧会を開催。旧加賀藩主の前田家から皇室への献上品や石川出身の帝室技芸員や人間国宝による作品など、石川ゆかりの作品にくわえ、皇室に伝わった名宝や名刀など、総計約120点を多彩な構成で展示。石川県立美術館と国立工芸館が共同で開催する初の展覧会となります。第1会場の石川県立美術館では、絵画や彫刻、書跡、刀剣を、第2会場の国立工芸館では、工芸を展示。

 《太平楽置物》海野勝臓。1899年
 《萬歳楽置物》徳田八十吉(初代)ほか 1928年
 《茶真鍮金銀象嵌群鶴葦文花瓶》水野源六(九代) 1910年 
 《青磁鳳雲文花瓶》諏訪蘇山(初代) 1919年 
 《諫鼓形香炉》山尾次吉 1900年
 《鶏置物》由木尾雪雄 1892年 
 《鷺蒔絵筥》松田権六 1958年 
 《七宝香合 宝相華文様》(鳳凰菊文様蒔絵飾棚附属棚飾品)安藤重兵衛 1928年
 《彫金洋式文房具》(鳳凰菊文様蒔絵飾棚附属棚飾品)図案:千頭庸哉 制作:山川孝次(二代)1928年 
 《磁器花瓶 花鳥文様》(鳳凰菊文様蒔絵飾棚附属棚飾品)板谷波山 1928年 
 《鳳凰菊文様蒔絵飾棚》島田佳矣ほか 1928年 
 《鶴桐文様蒔絵飾棚》島田佳矣ほか 1928年 
 《彫金洋式文房具》(鳳凰菊文様蒔絵飾棚附属棚飾品)図案:千頭庸哉 制作:山川孝次(二代)1928年

 重要文化財《百工比照》「花籠釘隠」17-18世紀 前田育徳会所蔵 後期展示 
所在地920-0963
金沢市出羽町3-2
公共交通 JR金沢駅東口(兼六園口)からバス
 3番乗り場:18系統「広坂・21世紀美術館(石浦神社前)」下車徒歩7分
 7番乗り場:全系統「広坂・21世紀美術館(しいのき迎賓館前)」下車徒歩9分
   ただし91系統のみ「広坂・21世紀美術館(石浦神社向い)」下車徒歩7分
  6番乗り場:全系統「出羽町」下車徒歩7分
【城下まち金沢周遊バス】
  6番乗り場:右回り「広坂・21世紀美術館(石浦神社前)」下車徒歩7分
           左周り「広坂・21世紀美術館(石浦神社向い)」下車徒歩7分
【まちバス】※土日祝のみ運行
  5番乗り場:「金沢21世紀美術館・兼六園(真弓坂口)」下車徒歩約7分 
道路案内 北陸自動車道金沢西ICまたは森本ICから20~30分
 駐車場は文化施設共用駐車場(約250台)(無料)
 第3駐車場(歴史博物館) 70台 徒歩1分
 第2駐車場(県立美術館前) 60台 徒歩約3分
 第1駐車場(能楽堂前) 128台 徒歩約4分   
開館時間 午前9時30分~午後5時30分(入館は5時まで) 
休館日 月曜日(祝日は開館、翌日休館)、展示替期間、年末年始 
入館料金
(常設時) 
 
展示内容  
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2020/09/26 0:00:00