石川県
23 /97ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
かなざわにじゅういっせいきびじゅつかん   ジャンル
金沢21世紀美術館   美術(現代)  
WEB http://www.kanazawa21.jp/  
TEL 076-220-2800  
FAX 076-220-2802  
企画展 ☆コレクション展「アジアの風景 / 粟津潔、マクリヒロゲル5」〜5/6(月・振)
   入館料金:一般360円 大学生、65歳以上の方280円 高校生以下無料

 土地の歴史や文化と密接に結び付きながら、伝統と急速なグローバル化の間での模索や試行が続く、アジアからの様々な表現は、人間はどこに向かって行くのか」という普遍的な問いを投げ掛ける。
 宇治野宗輝《プライウッド新地》のサウンド・スカルプチャーは、レトロな雰囲気を色濃く残した日常品の「都市」が出現。
 照屋勇賢の《遥か遠くからの未来より》では、沖縄出身の照屋が伝統的な琉球着に、ジュゴンや軍事用ドローン、沖縄の110人以上の人々のモチーフを染めあげた作品を提示。
 ジュン・グエン=ハツシバは、政治や社会の大きなうねりの中で犠牲となった、名もない人々の姿を美しい映像で表現。2001年か 
 
 粟津潔の調査展示を行う「マクリヒロゲル」シリーズの最終回として、粟津潔の本の挿絵、特に子どもに向けたイラストレーションの世界を紹介。初期作品の平野威馬雄著『レミは生きている』(1958 年)の挿画は、「あいのこ」としての生き方に苦しむ主人公の表情が幾多にも表現され、吉増剛造著『さわる』(1983 年)は、印刷とは異なる原画の白地に描かれた美しい水彩画の色彩に驚く。粟津潔の子どもたちへの柔らかなまなざし、また「印刷」のスタイルも感じる。

ギャラリートーク:1/12(土)午後2時〜(1時間程度)レクチャーホール前
担当キュレーター:立松由美子氏、立花由美子氏



☆「佐藤浩一 第三風景」4/6(土) 〜9/23(月・祝)映像やインスタレーション

☆「大岩オスカール 光をめざす旅」4/27(土) 〜8/25(日)

☆特別展示「名和晃平 Foam」4/27(土) 〜8/25(日)インスタレーション 
所在地920-8509
金沢市広坂1-2-1 
公共交通 金沢駅からバス「金沢21世紀美術館」または「香林坊」下車
香林坊に停車する高速バス・特急バス利用の時は「香林坊」下車 
道路案内 駐車場美術館地下、330台(8:30-23:00)、30分無料

(但し、平日18:00以降及び土日祝は美術館受付にて手続き必要)

以後30分までごとに150円 
開館時間 10:00-18:00(金、土曜日は20:00まで) 
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日) 
入館料金
(常設時) 
一般350円、大学生280円、高校生以下と高齢者は無料 
展示内容  
観覧時間 2時間程度 
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:info@kanazawa21.jp  友の会zawart(ざわぁと)あり 
報告者: Quita/北村尚巳
更新日: 2009/12/31 0:00:00