神奈川県
79 /127ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
かまくられきしぶんかこうりゅうかん   ジャンル
鎌倉歴史文化交流館   歴史  
WEB https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/rekibun/koryukan.html  
TEL 0467-73-8501  
FAX  
企画展 ☆春季企画展「鎌倉Disaster 災害と復興」〜5/18(土)
   日祝日休館
   入館料金:一般300円 小中生100円
         鎌倉市内の小・中学生と、市内の65歳以上の方、
         障がい者手帳等の交付を受けた方と付添1名は無料(要手帳提示)

 大正12年(1923)9月1日の大正関東地震は、発生から昨年で95年が経過したが、鎌倉は震源域に近く、激震や津波で全域がほぼ壊滅した。中世の一時期政権都市であった鎌倉は『吾妻鏡』文治4年(1188)の火災、建久2年(1191)以降地震に関する記述が散見するなど、くり返し災害や戦乱に遭遇し、その都度復興されてきた。文献史料や発掘調査の事例などで、過去の火災や地震の痕跡が確認されている。本展では、市内の発掘調査で得られた中世鎌倉の災害痕跡を紹介し、あわせて近代に発生した大地震の写真や被災資料などを展覧して、当地における災害痕跡や被災状況等を辿る。
 鎌倉時代の地震の痕跡と思われる遺構の写真
   (長谷小路周辺遺跡・名越ヶ谷遺跡・若宮大路周辺遺跡群・無量寺跡・天神山城遺跡
 鎌倉時代の火災痕跡ほかの写真
  (米町遺跡・今小路西遺跡・国指定史跡東勝寺跡・国指定史跡永福寺跡・国指定史跡建長寺境内)
 大正関東地震の津波到達推定位置と被災状況古写真
 日蓮聖人註画讃 江戸時代 当館
 鎌倉時代の災害痕跡から.今小路遺跡出土品
                 永福寺跡出土品
                 仏法寺跡出土柿経
 大正関東地震関係 寺社からの被災状況等報告書
              .義援金など寄附者に関する資料
 大正関東地震の被災物品
 大正・昭和初期に使われた写真機
 地震の被害状況などを撮ったガラス乾板   など

学芸員による列品解説(ギャラリートーク):毎週土曜日午前11時〜 
所在地248-0011
鎌倉市扇ガ谷1−5−1 
公共交通 JR鎌倉駅・江ノ電鎌倉駅より徒歩7分 
道路案内 駐車場は、障がい者等用のみ。車の利用者は近隣の有料駐車場を利用すること。 
開館時間 午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 日祝日、年末年始、展示替え期間 
入館料金
(常設時) 
一般300円 小中生100円
 鎌倉市内在住の65歳以上
 鎌倉市内在住または在学の小中生
 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の所持者と介助者1名無料 
展示内容 鎌倉の歴史・文化を通史的に紹介し、あわせて鎌倉で 発掘された出土遺物などを公開。
イギリスの著名な建築家ノーマン・フォスター氏が設立し、現在代表を務めるフォスター + パートナーズて設計された個人用住宅「Kamakura House」として建築された。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
rekibun@city.kamakura.kanagawa.jp 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2018/03/25 0:00:00