東京都
51 /339ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
とうきょうとていえんびじゅつかん   ジャンル
東京都庭園美術館   美術  
WEB http://www.teien-art-museum.ne.jp  
TEL 03-3443-0201  
FAX 03-3443-3228  
企画展 ☆「生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界」6/1(土)~8/25(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:オンラインによる日時指定予約を導入
        一般1400円 大学生(専修・各種専門学校含む)1120円

        中高生・65歳以上700円
        小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
        身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と介護者2名は無料
        第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料
       ドレスコード割引:会期中きものを着た来館者は当日券を100円引き

 1884(明治17)年に岡山県で生まれ、正規の美術教育を受けることなく独学で自身の画風を確立し、「夢二式」と称される叙情的な美人画によって人気を博した「大正ロマン」を象徴する画家・竹久夢二(たけひさ・ゆめじ)の生誕140年を記念して、最新の研究に基づく新たな視点からその生涯をたどる。新発見の大正中期の名画《アマリリス》、滞米中に描かれた貴重な油彩画《西海岸の裸婦》、そして夢二を看取った友人に遺したスケッチ帖や素描など、初公開資料を含む約180点の作品を夢二郷土美術館コレクションを中心に紹介。
 《アマリリス》1919(大正8)年頃 油彩
 《化粧の秋(『婦人グラフ』表紙絵)》1924(大正13)年 木版
 《星まつ里》昭和初期 絹本着色
 《林檎》1914(大正3)年 絹本着色
 《憩い(女)》昭和初期 絹本着色
 《セノオ楽譜〈恨まじ君をば〉》1924(大正13)年 初版
 《封筒「つりがね草」》大正期 木版
 《封筒「どくだみ」》大正期 木版
 《晩春》1926(大正15)年 鉛筆・ペン・水彩、紙
 《立田姫》1931(昭和6)年 紙本着色
 《西海岸の裸婦》1931-32(昭和6-7)年 油彩 など 
所在地108-0071
港区白金台5-21-9
公共交通 東京メトロ南北線、都営三田線「白金台」駅1番出口より徒歩6分、
JR山手線・東急目黒線「目黒」駅下車 東口より徒歩7分
都営バス【黒77・橋86・品93・東98】の各系統で「白金台5丁目」下車 徒歩3分 
道路案内 首都高速2号線「目黒IC」から約2分、駐車場(有料)普通乗用車(16台)1000円、大型バス(2台)2000円(大型バスは要予約)、いずれも駐車は3時間まで、身障者の駐車は無料 
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで) 
休館日 第2・第4水曜(祝日の場合は翌日)年末年始(年により異なる) 
展覧会準備期間 
入館料金
(常設時) 
美術館入館料は、展覧会により異なる

(美術館入館料には、庭園入場料が含まれる) 

庭園のみの入場料は一般200円、大学生(短大・専門学校生を含む)160円 中高生100円 小学生以下および都内在住または在学の中学生は無料、第3水曜日は65歳以上の方は入場無料(年齢を証明するものが必要) 
教育活動として教師が引率する都内の小学・中学・高校は無料となる

(事前に承認が必要) 
展示内容 1933年建築、“幻の建築”“アール・デコの美術品”と称され、1993(平成5)年には東京都指定有形文化財(建築物)に指定された建築史上においても貴重な建物である旧朝香宮邸。邸に加え、ホワイトキューブのギャラリーを擁する新館を竣工し、庭園と新旧の建物とで展示。 
観覧時間 約90分 
その他
(販売・友の会等) 
美術館は昭和8年に建てられた朝香宮邸を昭和58年10月1日に美術館として公開したもの
建物の内装は、アールデコ様式に日本的な感性を付け加えたもの、建物自体が美術品 
平成5年に東京都指定有形文化財に指定された
友の会「東京都庭園美術館友の会」を開設しています。
詳細はこちら。 (http://www.teien-art-museum.ne.jp/info/tomonokai.html) 
報告者: 梅本 信一
更新日: 2017/05/01 0:00:00