東京都
39 /341ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
みついきねんびじゅつかん   ジャンル
三井記念美術館   美術(日本、東洋)  
WEB http://www.mitsui-museum.jp/  
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)  
FAX  
企画展 ☆「茶の湯の美学ー利休・織部・遠州の茶道具ー」4/18(木)~6/16(日)
   月曜休館(4/29、5/6は開館)5/7(火)休
   入館料金:一般1200(1000)円 高校生700(600)円 中学生以下 無料
   70歳以上の方は1,000円(要証明)。※20名様以上の団体の方は( )内割引料金となります。
   ※リピーター割引:会期中一般券、学生券の半券提示で、2回目以降は( )内割引料金
   ※障害者手帳呈示者と介護者1名は無料(ミライロIDも可)。

 江戸時代以来長年にわたり収集され蓄積した三井家寄贈茶道具は貴重な作品群。桃山時代から江戸時代初期、茶の湯界をリードした千利休・古田織部・小堀遠州の茶道具を選び、それぞれの美意識を探る。近年の茶道史研究で著名茶人の「作られた伝説」を見直し「真実の姿」が追究する動きを視野に入れ、3人の美意識を、利休の「わび・さびの美」、織部の「破格の美」、遠州の「綺麗さび」という従来の捉え方で展示を構成。
[利休・織部・遠州の美意識]
  利休所持「古銅桃底花入」「二徳三島茶碗」「姥口霰釜」
  織部:「大井戸茶碗」(銘須弥しゅみ、別銘十文字)
     「古伊賀の花入」(銘業平)「水指」(銘閑居)
  遠州:「高取面取茶碗」「薩摩甫十瓢箪茶入」(銘十寸鏡)
[国宝の名碗]
  国宝「志野茶碗」(銘卯花墻)
[如庵 織田有楽の茶室]
  「織田有楽の消息」と「井戸茶碗」、自作の茶杓2点
[千利休の美意識=わび・さびの美]
 珠光茶碗の1つ「珠光青磁茶碗」(銘波瀾) 
 「武野紹鷗消息」「小倉色紙」
  北向道陳作の竹茶杓利休の消息とゆかりの茶道具
 千宗旦筆「千利休遺偈」「利休像」
 北三井家六代・三井高祐筆「利休像」2点
 利休作「竹茶杓」2点
 利休所持「雲紙和漢朗詠集切」「与次郎の霰釜」「釜鐶」「桑柄灰匙」くわえはいさじなどがあります。
[古田織部の美意識=破格の美]
 織部「消息」1点「竹茶杓」
 「沓形茶碗」
 「備前瓢掛花入」
 「志野茶碗」(銘卯花墻)
[小堀遠州の美意識=綺麗さび]
 「清拙正澄墨跡」(重文)
  松花堂昭乗筆「蔦図」遠州の和歌賛
  重文「玳皮盞」(鸞天目)「古手屋高麗」
  茶入「常如院」「佐久間面取」「二見」「筧」「卯花」「田面」 
所在地103-0022
中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
公共交通 東京メトロ銀座線「三越前」駅より徒歩1分
東京メトロ半蔵門線「三越前」駅より徒歩3分
東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅より徒歩4分
都営浅草線「日本橋」駅より徒歩6分
JR「東京」駅日本橋口より徒歩7分
JR「神田」駅より徒歩6分
JR総武線「新日本橋」駅より徒歩4分
メトロリンク日本橋(無料巡回バス)乗降所「地下鉄三越前」より徒歩3分
日本橋三井タワー1階アトリウムから入り、左奧の階段を上って三井本館の専用エレベーター利用。 
道路案内 専用の駐車場無し。公共の駐車場利用のこと。 
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜日(祝日は開館、翌日休館)と展示替え日 
入館料金
(常設時) 
一般800円 高大生500円 
中学生以下無料 障害者手帳呈示の方は無料 
展示内容 主に三井家から寄贈された日本および東洋の古美術を中心に、茶道具、絵画、拓本、書跡、懐石の器、調度品、装身具、工芸品、能面、能装束、刀剣、切手など美術品が約3700点、切手類は約13万点。
円山応挙「雪松図屏風」、「志野茶碗 銘卯花墻」などの国宝6点を含む。三井家ゆかりの国宝茶室「如庵」の再現。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2024/04/21 0:00:00