東京都
278 /341ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
むさしのしりつきちじょうじびじゅつかん   ジャンル
武蔵野市立吉祥寺美術館   美術  
WEB https://www.musashino.or.jp/museum/  
TEL 0422-22-0385  
FAX 0422-22-0386  
企画展 ☆「大坪美穂 黒いミルク―北極光・この世界の不屈の詩―」~5/26(日)
   4/24(水)のみ休館
   開館時間:午前10時~午後7時30分
   入館料金:一般300円 中高生100円、小学生以下・65歳以上・障がい者は無料

 人間存在を主題とし重厚な作品空間を創出するアーティスト大坪美穂(おおつぼ・みほ)。
 最初期には絵画や身体表現に取り組んでいたが、家族の死と誕生、自らの病などの経験をとおして、表現の手法を変化させ、近年では、自ら収集し染めた古布、ニュースペーパーと和紙による紙縒り、薄い鉛板などを素材にもちいて制作。
 大坪の表現の源流には読書や詩作などからとらえた、さまざまな言葉、とくにドイツ系ユダヤ人の詩人パウル・ツェラン(1920-1970)、アイルランド語の女性詩人ヌーラ・ニー・ゴーノル(1952- )の詩は、大坪の血肉になる。本展のタイトルとして大坪が選んだことば―「黒いミルク」はツェランの詩「死のフーガ」に依拠し、「北極光」「この世界の不屈の詩」はニー・ゴーノルの詩「北極光」から引き、言わば闇と光とが並立するタイトルで、割り切れぬ人間のありようと、それを直視しつつ希望を見失わない大坪の力づよさを併存。大坪が学生時代を過ごし創造の起点でもある吉祥寺で構成されるインスタレーション。
 《歴史が降らせる雨》1990-2000年 ニュースペーパーほか ミクストメディア など

対談(1) 4/21(日)午後2時~ 音楽室 定員60名、予約不要、当日先着順
 光田ゆり氏(多摩美術大学アートアーカイヴセンター所長・同大学院教授、プーアール舎主宰)
 大坪美穂氏

コラボレーション・ダンス 4/27(土)午後3時~ 企画展示室、同時入室上限25名程度、入室制限あり
 深谷正子氏(ダンサー・振付家) 

対談(2) 5/11(土)午後2時~ 音楽室 定員60名、予約不要、当日先着順
 大野光子氏(愛知淑徳大学名誉教授(アイルランド文学・文化専攻))
 大坪美穂氏


☆特別展示「大坪美穂―言葉は風となり―」4/26(金)~5/2(木)
会場 PENNY LANE GALLERY(コピス吉祥寺A館1階、吉祥寺美術館と同じ建物内)
  午前11時~午後6時分 ※初日は午後2時から、最終日は午後3時まで
  入場無料・会期中無休 
所在地180-0004
武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル7階
公共交通 JR・京王井の頭線吉祥寺駅下車徒歩3分 
道路案内  
開館時間 午前9時~午後7時30分 
休館日 毎月最終水曜日、年末年始、展示替&特別整理期間 
入館料金
(常設時) 
中学生以上100円 小学生以下・65歳以上・障害者 無料 
展示内容 日本画家・野田九浦、浜口陽三、萩原英雄の作品など、版画・日本画・油彩画・書・イラストレーションなどの収蔵品を順次紹介。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2022/08/03 0:00:00