東京都
12 /339ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
せいかどうぶんこびじゅつかん   ジャンル
静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)   美術・歴史  
WEB http://www.seikado.or.jp  
TEL 050-5541-8600  
FAX 03-3700-2253  
企画展 ☆静嘉堂文庫竣工100年・特別展「画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
  「地獄極楽めぐり図」からリアル武四郎涅槃図まで」~6/9(日)
     月曜休館、5/7(火)休館
     4/29(月・祝)4/30(火・トークフリーデー)5/6(月・祝)は開館
     入館料金:一般1500円 高大生1000円
       障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名〈無料〉を含む)700円
          中学生以下 無料

 幕末から明治期を生きた絵師・河鍋暁斎(1831~89)と、探検家で好古家、著述家、北海道の名付け親である松浦武四郎(1818~88)二人の交流は明治の初め頃からあり、武四郎は愛玩品を集めた書物『撥雲余興』等の挿絵を暁斎らに依頼。住いも近く、共に天神を信仰し、情に篤い二人の記念碑的作品は何と言っても「武四郎涅槃図」です。本展では、「武四郎涅槃図」とそこに描かれた、「大首飾り」(当館所蔵)をはじめとした武四郎愛玩の品々(武四郎記念館所蔵品と当館所蔵品)を同じ空間で展示し「武四郎涅槃図」を立体的に再現。さらに、武四郎の親友・川喜田石水(1822~79/川喜田家第14代)と実業家で陶芸も能くした川 喜田半泥子(1878~1963/川喜田家第16代)、岩馨・渋澄ハ1879~1945/三菱第四代社長・静嘉堂初代理事長)との縁を紹介。
 重要文化財 河鍋暁斎《武四郎涅槃図》明治10年(1886)
 河鍋暁斎《地獄極楽めぐり図》明治2~5年(1869~72)
 河鍋暁斎《野見宿禰》
 《大首飾り》縄文時代~近代
 三浦乾也作 河鍋暁斎着色《妙楽菩薩塑像》明治10年(1877)など

関連イベント
担当学芸員のスライドトーク:5/4(土)5/19(日)6/1(土)午後2時~

竣工100年記念・静嘉堂文庫(世田谷区岡本)探検!:4/30(火)5/10(金) 
 午前10時30分~、午後1時30分~、3時30分~





☆「超・日本刀入門reviveー鎌倉時代の名刀に学ぶー」6/22(土)~8/25(日) 
所在地100-0005
千代田区丸の内2-1-1 明治生命館1F
公共交通 地下鉄千代田線二重橋前〈丸の内〉駅 3番出口直結
JR東京駅 丸の内南口より 徒歩5分
JR有楽町駅 国際フォーラム口より 徒歩5分
大手町・丸の内・有楽町地区を結ぶ無料巡回バス「Marunouchi Shuttle」をご利用の場合、「丸の内マイプラザ」下車すぐ 
道路案内 最寄りの高速道路出口は、都心環状線「神田橋出口」「霞ヶ関出口」「丸の内出口(外回り出口専用)」など。館専用駐車場・駐輪場はなし、近隣の有料駐車場(丸の内パークイン)利用のこと。 
開館時間 午前10時~午後5時(金曜は6時まで、入館は閉館30分前まで) 
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)展示替期間、年末年始など 
入館料金
(常設時) 
一般1500円 高大専門生1000円 中学生以下 無料
 障がい者手帳提示の方700円(同伴者1名無料) 
展示内容 岩崎彌之助、小彌太父子が収集した和漢の古典籍、絵画、陶磁器、漆芸、刀剣、茶道具、書 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
ミュージアムショップあり。
東京美術学校(現 東京藝術大学)教授であった岡田信一郎(1883-1932)設計、昭和期の建造物として初めて重要文化財に指定された「明治生命館」にギャラリー所在。 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2022/08/28 0:00:00