千葉県
56 /87ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
いちはらこはんびじゅつかん   ジャンル
市原湖畔美術館   美術(彫刻)  
WEB http://lsm-ichihara.jp/  
TEL 0436-98-1525  
FAX 0436-98-1521  
企画展 ☆「「ICHIHARA×ART×CONNECTIONS-交差する世界とわたし」3/23(土)~6/23(日)
     火曜休館(4/30は開館)
     開館時間:午前10時~午後5時(土・休前日午前9時30分~午後7時
         日祝日午前9時30分~午後6時、入館は30分前まで)
     入館料金:一般1000円 高大生・65歳以上800円
         中学生以下無料
    障がい者手帳をお持ちの方「ミライロID」含む、介添者1名は無料
      *内房総アートフェス会期中(3/23~5/26)に芸術祭パスポート提示で入館

 全国・世界から移り住んだ数多くの人々を受け入れ、人口の50人にひとりが海外にルーツを持つ、市原に暮らす多様な民族的バックグラウンドをもつ人々が共に生きる社会を希求するプロジェクト。彼らの母国から招いたアーティストたちが、ワークショップやリサーチ、インタビューを通してうみだす作品から、国の歴史・文化・風土、そしてこの地で暮らす人々の人生や思いに光を当て、世界と<わたし>がつながる契機とする。

ディン・Q・レ《絆を結ぶ》:ベトナムと日本の「絆を結ぶ」巨大キルト
リーロイ・ニュー《多次元港としてのバレテ》ドローイング
  フィリピンの神話的世界と環境問題をつなぐ大規模インスタレーション
リュウ・イ《はじめまして》中国人のライフストーリーの聞き取りを通し、中国古来の水墨画の技法を活かしたアニメーション作品
チョ・ウンピル《私の青》韓国で特別な色であり、愛されてきた「青」をテーマにした作品 
所在地290-0554
市原市不入75-1
公共交通 小湊鉄道高滝駅から徒歩20分またはタクシー3分
 路線バス「市原鶴舞バスターミナル」行き市原湖畔美術館下車
東京駅より茂原線・勝浦線高速バスで市原鶴舞バスターミナル
横浜駅・羽田空港より茂原線高速バスで市原鶴舞バスターミナル
 路線バス(小湊バス)「里見駅」行きで、市原湖畔美術館下車(土日祝のみ)
 タクシー5分 
道路案内 館山道 「市原IC」より国道297号線経由で約35分
圏央道「市原鶴舞IC」より約5分
※アクアライン川崎浮島JCTより約40分 
開館時間 平日:午前10時~午後5時
土・休前日:午前9時30分~午後7時
日・祝:午前9時30分~午後6時 
休館日 月曜日と最終火曜、12/28~1/4 
入館料金
(常設時) 
大人(18歳以上)200円 子供(6歳以上)100円 
展示内容 今期の常設展では、市原の郷土の歴史
深沢幸雄記念室は、規模を縮小して展示 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
ミュージアムショップあり。
レストラン棟「Pizzeria BOSSO」あり。(平日午前11時~午後8時、
土日祝午前11時~午後9時、ラストオーダー1時間前) 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2014/12/01 0:00:00