埼玉県
55 /58ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
ひがしちちぶむらわしのさと   ジャンル
東秩父村和紙の里   民俗  
WEB http://www.washinosato.co.jp/  
TEL 0493-82-1468  
FAX 0493-82-1334  
企画展  
所在地350-0375
秩父郡東秩父村大字御堂441 
公共交通 JR八高線・東武東上線「小川町駅」から川越観光バス「白石車庫・皆谷」行きで『学校入口』下車 徒歩15分 
道路案内 関越道「嵐山小川IC」から15分 
開館時間 9時から17時まで (和紙体験は15時まで) 
休館日 月曜日 (祝祭日の場合は翌日) 
入館料金
(常設時) 
無料 
展示内容 東秩父村では手漉き和紙を地域の誇りとして考え、由緒ある武蔵武士のふるさと、大河原氏館跡付近一帯を「和紙の里」と画し、伝統産業に新たなる光をあて、手漉き和紙の技術の伝承・後継者の育成に努め、併せて地域の活性化を図るため昭和60年度から和紙の里整備事業に着手しました。
和紙の里は古くから地域に伝わる木造建築技術によってつくられた8棟の和風の建物で構成されています。昔ながらの手漉き和紙の生産と紙漉体験ができる「和紙製造所」、貴重な資料を展示している「ふるさと文化伝習館」、江戸末期の紙漉農家を移築復元した「細川紙紙漉家屋」、研修や集会などに広く利用できる「研修会館」、茶室を併設した「ギャラリー」などがあり、なつかしい伝統文化に触れることができます。 
観覧時間 約30分 
その他
(販売・友の会等) 
おいしい手打ちそば・うどんを味わうことができる食事処「すきふね」や、そば・うどんの手打ち体験ができる「体験工房」もあります。
滝や池などを配した日本庭園や芝生広場があり、隣接した彫刻の森には未来へ発展する願いをこめた大小の野外彫刻や展望台があり、すがすがしい空気を吸いながらのんびりと散策を楽しむことができます。 
報告者: ネタ切れ男 / 沢谷 浩幸
更新日: 2006/12/31 0:00:00