茨城県
2 /49ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
いばらきけんきんだいびじゅつかん   ジャンル
茨城県近代美術館   美術  
WEB http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/  
TEL 029-243-5111  
FAX 029-243-9992  
企画展 ☆「石岡瑛子 I デザイン」4/27(土)~7/7(日)
    月曜休館(4/29~5/6は無休)5/7(火)休館
    入館料金:一般1000円 満70歳以上500)円 高大生730円 小中生370円
         土曜日は高校生以下無料
         障がい者手帳・指定難病特定医療費受給者証等を持参者は無料
         4/27(土)は満70歳以上の方は無料

 広告、舞台美術、衣装デザインなど多分野で活躍したデザイナー・石岡瑛子(1938-2012)の没後10年記念展。石岡の、キャリア初期における資生堂やPARCO の代表作をはじめ、東京を拠点にしていた1960-80 年代の仕事を中心に、アートディレクターとしてのポスターやCM、グラフィックアートからスケッチまで、約500点を一挙公開。
 本展は、常に革新的なヴィジュアルを目指した石岡のデザイン哲学と、彼女が表現者として生涯にわたって磨き抜いた「I=私」を浮き彫りにし、圧倒的な熱量を“体感”する。
1幕 知性と品性、感性を磨く―資生堂デビューと新しい女性像の創造―
 「太陽に愛されよう 資生堂ビューティケイク」資生堂ポスター (1966)
2幕 あの頃、街は劇場だった―1970’s 渋谷とパルコ、広告の時代―
 「西洋は東洋を着こなせるか」PARCO ポスター (1979)
 「鶯は誰にも媚びずホーホケキョ」PARCO ポスター 1976年
3幕 着地は熱情であらねばいけない―裸のアートワークに映る私―
4幕 本も雑誌もキャンバスである―肉体としてのブックデザイン―
 「女性よ、テレビを消しなさい 女性よ、週刊誌を閉じなさい」 角川書店ポスター 1975年
5幕 地球のすべてが私のスタジオ―I デザインは境界も時代も超える―
 「ドラキュラ」映画ポスター (1992)
 「NEW MUSIC MEDIA」 音楽祭ポスター 1974年「NEW MUSIC MEDIA」
 「Tradition et Nouvelles Techniques」展覧会ポスター 1984年
 「地獄の黙示録」映画ポスター 1979年
 マイルス・デイヴィス 「TUTU」レコードジャケット (1986)など

講演会 4/27(土)午後2~3時30分、地階講堂にて、定員250名(申込不要、参加無料)
「石岡瑛子の「I」をめぐって」河尻 亨一氏(本展監修者、編集者、作家)

学芸員によるギャラリートーク:5/25(土)6/16(日)午後2~3時、澤渡麻里氏(本展担当学芸員)
2階企画展示室(申込不要)




☆企画展「つくる展 TASKOファクトリーのひらめきをかたちに」7/20(土)~9/23(月・振)

☆令和6年度「茨城県芸術祭美術展覧会」10/5(土)~10/20(日)

☆没後100年「中村彝展」11/10(日)~令和7年1/13(月・祝)

☆「キース・ヘリング展アートをストリートへ」令和7年2/1(土)~4/6(日) 
所在地310-0851
水戸市千波町東久保666-1
公共交通 JR水戸駅南口より徒歩15分
JR水戸駅北口8番バス乗り場よりバス5分「文化センター入口」下車 
道路案内 常磐自動車道水戸ICより車20分
文化センター前有料駐車場有
(特別展時には、受付に領収書を提示すれば料金返還、ただし、利用不可の場合有り) 
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
企画展開催中の金曜日は午後8時まで(休日の金曜日、茨城県芸術祭美術展覧会会期中を除く) 
休館日 月曜日(祝日は開館、翌日休館)12/29~1/1 
入館料金
(常設時) 
一般300円 高大生230円 小中生170円  
土曜日は高校生以下無料(夏期冬期学年末の長期休業を除く) 
展示内容 モネ・ルノワールなど印象派の作家、水戸生まれの横山大観や小川芋銭、中村彜らの作品。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:info@modernart.museum.ibk.ed.jp 
報告者: 梅本 信一
更新日: 2007/11/29 0:00:00