北海道
15 /196ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
ちとせつるさけみゅーじあむ   ジャンル
千歳鶴酒ミュージアム   民俗 科学・産業  
WEB http://www.nipponseishu.co.jp/museum/  
TEL 011-221-7570  
FAX 011-221-7571  
企画展  
所在地060-0053
札幌市中央区南三条東5-1 
公共交通 地下鉄東西線「バスセンター前」駅9番出口より徒歩5分 
道路案内 駐車場は乗用車20台 大型観光バス 5台 
開館時間 午前10時〜午後6時(ライブコンサート実施時は変更あり) 
休館日 年末年始 (ギャラリーは展示替え時は休室) 
入館料金
(常設時) 
無料 
展示内容 明治5年に石川県から来道した柴田與次右衛門が、札幌で始めた柴田酒造店が千歳鶴のルーツ。創業当時の木製の桶などの仕込み道具、写真資料や歴代のポスター、「現代の名工」翁杜氏(おうとうじ)の津村弥さんが残した醸造技術資料。
建築は、明治中期に伊達市に建てられた味噌醤油蔵の古い木材を使用。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
試飲コーナー、仕込み水を蔵からそのまま引いた水飲み場あり。
ショップでは酒の他、酒粕を使ったオリジナルアイスクリームも販売。
ラウンジスペース、ギャラリーは貸し出し可。
ライブコンサートの出演者を募集。 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2007/08/30 0:00:00